FEEL THINK DO !!

simpleな暮らしって・・・

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

ブロークンフラワーズ

評価:
ビル・マーレイ,ジェフリー・ライト,シャロン・ストーン,フランセス・コンロイ,ジェシカ・ラング,ティルダ・スウィントン,ジュリー・デルピー,ジム・ジャームッシュ
レントラックジャパン
¥ 3,979
(2006-11-24)
始まり方が抜群にかっこいい。よくてさすがジムジャームッシュだなと関心。
期待が高まる。映像も抜群。特に木々の木漏れ日等による立体感のある映像はさすがだ。

途中たくさん複線を張っている。しかし、一切回収されずにあっけなく終わってしまう。すべては見るものの想像に任せるということだろうか。
ちょっとロードムービー的な感じがする。

映画や音楽やニュースなんかはすべからく作り手の意思が介在しているということは言うまでもない。ジムジャームッシュはこの作品で何を言いたかったのか、俺はそれをどのようにうけとめればいいのか。100人が見れば、100通りの捉え方ができる。そんな映画だと思う。

この手の映画を見て若干切ない気持ちにさせられた。

色々なところに寄り道をしながら歩いていく。たどり着くところは特にない。振り返ってみても特に得るものはない。俺はこの映画からそんな人生の側面を感じ取ったよ。

でもジムジャームッシュはそれが良いとも悪いとも感じていない。ただ一人の男の人生をその側面から描きたかっただけなのだろうと思う。
結局人生も映画みたいなもので100通りの捉え方があってしかるべきなのだろう。

フレットペリーとエチオピアミュージック。
photo by lifeis

ブロークンフラワーズ

評価:
ビル・マーレイ,ジェフリー・ライト,シャロン・ストーン,フランセス・コンロイ,ジェシカ・ラング,ティルダ・スウィントン,ジュリー・デルピー,ジム・ジャームッシュ
レントラックジャパン
¥ 3,979
(2006-11-24)
始まり方が抜群にかっこいい。よくてさすがジムジャームッシュだなと関心。
期待が高まる。映像も抜群。特に木々の木漏れ日等による立体感のある映像はさすがだ。

途中たくさん複線を張っている。しかし、一切回収されずにあっけなく終わってしまう。すべては見るものの想像に任せるということだろうか。
ちょっとロードムービー的な感じがする。

映画や音楽やニュースなんかはすべからく作り手の意思が介在しているということは言うまでもない。ジムジャームッシュはこの作品で何を言いたかったのか、俺はそれをどのようにうけとめればいいのか。100人が見れば、100通りの捉え方ができる。そんな映画だと思う。

この手の映画を見て若干切ない気持ちにさせられた。

色々なところに寄り道をしながら歩いていく。たどり着くところは特にない。振り返ってみても特に得るものはない。俺はこの映画からそんな人生の側面を感じ取ったよ。

でもジムジャームッシュはそれが良いとも悪いとも感じていない。ただ一人の男の人生をその側面から描きたかっただけなのだろうと思う。
結局人生も映画みたいなもので100通りの捉え方があってしかるべきなのだろう。

フレットペリーとエチオピアミュージック。
photo by lifeis

ブロークンフラワーズ

評価:
ビル・マーレイ,ジェフリー・ライト,シャロン・ストーン,フランセス・コンロイ,ジェシカ・ラング,ティルダ・スウィントン,ジュリー・デルピー,ジム・ジャームッシュ
レントラックジャパン
¥ 3,979
(2006-11-24)
始まり方が抜群にかっこいい。よくてさすがジムジャームッシュだなと関心。
期待が高まる。映像も抜群。特に木々の木漏れ日等による立体感のある映像はさすがだ。

途中たくさん複線を張っている。しかし、一切回収されずにあっけなく終わってしまう。すべては見るものの想像に任せるということだろうか。
ちょっとロードムービー的な感じがする。

映画や音楽やニュースなんかはすべからく作り手の意思が介在しているということは言うまでもない。ジムジャームッシュはこの作品で何を言いたかったのか、俺はそれをどのようにうけとめればいいのか。100人が見れば、100通りの捉え方ができる。そんな映画だと思う。

この手の映画を見て若干切ない気持ちにさせられた。

色々なところに寄り道をしながら歩いていく。たどり着くところは特にない。振り返ってみても特に得るものはない。俺はこの映画からそんな人生の側面を感じ取ったよ。

でもジムジャームッシュはそれが良いとも悪いとも感じていない。ただ一人の男の人生をその側面から描きたかっただけなのだろうと思う。
結局人生も映画みたいなもので100通りの捉え方があってしかるべきなのだろう。

フレットペリーとエチオピアミュージック。
photo by lifeis

現実に目を向けて『ホテル・ルワンダ』大切な事は何だろう

CAST
ポール・ルセサバギナ…ドン・チードル
タチアナ・ルセサバギナ…ソフィー・オコネドー
ジャック・ダグリッシュ…ホアキン・フェニックス
オリバー大佐…ニック・ノルティ

STAFF

音楽:アンドレア・グエラ、ルパート・グレグソン=ウィリアムズ
ライン・プロデューサー:サリー・フレンチ
共同製作:ブリジット・ピックリング、ルイジ・ムジーニ
共同制作総指揮:ケア・ピアソン、ニコラ・メイエール、イジドール・コドロン
脚本:ケア・ピアソン、テリー・ジョージ
監督:テリー・ジョージ

この映画を初めて知ったのは、
スガイの向かいにある映画館のポスターを見たときだった。
雨の中、抱き合う二人のポスターを。

『ホテル・ルワンダ』

しりとりみたいなタイトルだな!?

でも
不思議と力強さを感じたのを覚えてる。
見よう見ようと思っていて、ようやく見れました。
だってGEOにレンタル用1本しかないから。

愛する家族を守りたいという想いをきっかけに、1200人もの命を救った一人の男の実話を映画化した感動のヒューマン・ドラマ。
1994年、長年続いていた内戦が終結し、ようやく平和が訪れようとしていたルワンダ。しかしある夜、大統領が何者かによって暗殺され、大統領派は対立勢力による犯行として、ついにフツ族はツチ族の大虐殺を開始。そんな中、ルワンダの高級ホテル支配人を務めるフツ族のポール(ドン・チードル)は、妻タチアナ(ソフィー・オコネドー)がツチ族であることから家族だけでも護ろうとしていたが、彼を頼って集まってきた難民たちを見ているうちに、彼の心の中で何かが変わり、独り虐殺者たちと対峙することに…。


100日で100万人が虐殺される現実。
同じ地球の上なのに
そんなことが繰り広げられている地域があることをまず知るべきです。

ポールはこう言います。

「俺がホテルでサービスするのは、いざという時に家族を守るためだ」
「彼らは隣人だ。俺にはどうすることも出来ない。大切なのは家族だ」

日本は素晴らしく平和です。
自分を含め若者たちは働くことに関しても
「何のために働くの?」とか「自己実現をしたい」とか「自分を成長させたい」
とか色々な事を考えちゃってモラトリアムにおちいりますが

そんな悩みを持てる事は、今この平和な環境があるからなんですね。
平和ボケが悪いことだとは思いません。
むしろ、感謝すべきでしょう。

ただ、その平和がいつまで続くのか?

ある日、突然失われるかもしれない。
今すぐそんな事は無いでしょう。

10年や20年は大丈夫でも
40年後は分からないですよね。

いつか、もしもそんなときが来ても(こない事を切に願うが)
自分の家族や大切な人を守ることができる人になりたい。
この映画を見て、心底そう思った。

そのためには、きれい事だけじゃない強さも必要でしょう。
お金や権力とか、色々なものがないと無理でしょう。
犠牲にしなきゃいけないことも沢山あるでしょう。

平和だからこそ、そのような状態になったときにどうするか。
しっかり考えていかなければと思う。

大切な人を守れる人になりたいな。

そして
俺が何よりも「ホテル・ルワンダ」を気に入った理由があります。
サントラがものすごく良いのです。
アフリカン・ミュージックが心地よく、エンディング・ソングが最高です。
Wyclef Jeanによる「Million Voices」

映画を見たら是非エンディングまで聴いてみてください。







photo by lifeis

best of roadmovie【Paris,Texas】

Paris,Texas
アイデンティティーと居場所を見失った男が、徐々に失ったものを取り戻していくロードムービー。 未来を生きるために現実をみつめ、過去をふり返る人間の姿が美しく描かれている。脚本は、映画・演劇界のスーパーヒーロー、サム・シェパード。監督はロードムービーで高い評価を得ているヴィム・ヴェンダース。静かな映像のなかに時折流れる、スライドギターの音色が効果的。ストーリー、音楽、映像が見事にマッチし、珠玉の作品となった。84年カンヌ国際映画祭パルムドール、国際批評家連盟賞、全キリスト教会審査員賞受賞。84年、フランス・西ドイツ合作。
 1985年9月7日 フランス映画社配給
 1984年カンヌ映画祭グランプリ(パルムドール)&国際映画批評家大賞&国際カトリッ ク映画事務局賞
 1984年イギリス・アカデミー外国映画再収集監督賞&イギリス批評家協会作品賞・主演 男優賞受賞
 1984年フランス映画批評家協会賞受賞
 1984年ドイツ撮影賞(劇映画部門)
 1985年バイエルン映画撮影賞
 1985年連邦映画賞銀のフィルム賞


ばらばらになったものが、1つのカタチに戻ろうとする。
戻る道をたどっても、たどり着けるのかわからない。
男として、涙無しでは見れない作品。
何回見ても、言葉に出来ない。
一番好きなのは、トラヴィスとジェーンがマジックミラーで会話をするシーン。
そして結末。俺にはまだまだ上手く言葉に出来ないけど、すばらしい。



photo by lifeis

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Recommend
>> Mobile
qrcode
>> Links
1 / 1

このページの先頭へ