FEEL THINK DO !!

simpleな暮らしって・・・

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

ブロークンフラワーズ

評価:
ビル・マーレイ,ジェフリー・ライト,シャロン・ストーン,フランセス・コンロイ,ジェシカ・ラング,ティルダ・スウィントン,ジュリー・デルピー,ジム・ジャームッシュ
レントラックジャパン
¥ 3,979
(2006-11-24)
始まり方が抜群にかっこいい。よくてさすがジムジャームッシュだなと関心。
期待が高まる。映像も抜群。特に木々の木漏れ日等による立体感のある映像はさすがだ。

途中たくさん複線を張っている。しかし、一切回収されずにあっけなく終わってしまう。すべては見るものの想像に任せるということだろうか。
ちょっとロードムービー的な感じがする。

映画や音楽やニュースなんかはすべからく作り手の意思が介在しているということは言うまでもない。ジムジャームッシュはこの作品で何を言いたかったのか、俺はそれをどのようにうけとめればいいのか。100人が見れば、100通りの捉え方ができる。そんな映画だと思う。

この手の映画を見て若干切ない気持ちにさせられた。

色々なところに寄り道をしながら歩いていく。たどり着くところは特にない。振り返ってみても特に得るものはない。俺はこの映画からそんな人生の側面を感じ取ったよ。

でもジムジャームッシュはそれが良いとも悪いとも感じていない。ただ一人の男の人生をその側面から描きたかっただけなのだろうと思う。
結局人生も映画みたいなもので100通りの捉え方があってしかるべきなのだろう。

フレットペリーとエチオピアミュージック。
photo by lifeis

ブロークンフラワーズ

評価:
ビル・マーレイ,ジェフリー・ライト,シャロン・ストーン,フランセス・コンロイ,ジェシカ・ラング,ティルダ・スウィントン,ジュリー・デルピー,ジム・ジャームッシュ
レントラックジャパン
¥ 3,979
(2006-11-24)
始まり方が抜群にかっこいい。よくてさすがジムジャームッシュだなと関心。
期待が高まる。映像も抜群。特に木々の木漏れ日等による立体感のある映像はさすがだ。

途中たくさん複線を張っている。しかし、一切回収されずにあっけなく終わってしまう。すべては見るものの想像に任せるということだろうか。
ちょっとロードムービー的な感じがする。

映画や音楽やニュースなんかはすべからく作り手の意思が介在しているということは言うまでもない。ジムジャームッシュはこの作品で何を言いたかったのか、俺はそれをどのようにうけとめればいいのか。100人が見れば、100通りの捉え方ができる。そんな映画だと思う。

この手の映画を見て若干切ない気持ちにさせられた。

色々なところに寄り道をしながら歩いていく。たどり着くところは特にない。振り返ってみても特に得るものはない。俺はこの映画からそんな人生の側面を感じ取ったよ。

でもジムジャームッシュはそれが良いとも悪いとも感じていない。ただ一人の男の人生をその側面から描きたかっただけなのだろうと思う。
結局人生も映画みたいなもので100通りの捉え方があってしかるべきなのだろう。

フレットペリーとエチオピアミュージック。
photo by lifeis

ブロークンフラワーズ

評価:
ビル・マーレイ,ジェフリー・ライト,シャロン・ストーン,フランセス・コンロイ,ジェシカ・ラング,ティルダ・スウィントン,ジュリー・デルピー,ジム・ジャームッシュ
レントラックジャパン
¥ 3,979
(2006-11-24)
始まり方が抜群にかっこいい。よくてさすがジムジャームッシュだなと関心。
期待が高まる。映像も抜群。特に木々の木漏れ日等による立体感のある映像はさすがだ。

途中たくさん複線を張っている。しかし、一切回収されずにあっけなく終わってしまう。すべては見るものの想像に任せるということだろうか。
ちょっとロードムービー的な感じがする。

映画や音楽やニュースなんかはすべからく作り手の意思が介在しているということは言うまでもない。ジムジャームッシュはこの作品で何を言いたかったのか、俺はそれをどのようにうけとめればいいのか。100人が見れば、100通りの捉え方ができる。そんな映画だと思う。

この手の映画を見て若干切ない気持ちにさせられた。

色々なところに寄り道をしながら歩いていく。たどり着くところは特にない。振り返ってみても特に得るものはない。俺はこの映画からそんな人生の側面を感じ取ったよ。

でもジムジャームッシュはそれが良いとも悪いとも感じていない。ただ一人の男の人生をその側面から描きたかっただけなのだろうと思う。
結局人生も映画みたいなもので100通りの捉え方があってしかるべきなのだろう。

フレットペリーとエチオピアミュージック。
photo by lifeis

列車に乗った男

評価:
ジャン・ロシュフォール,ジョニー・アリディ,パトリス・ルコント
ポニーキャニオン
¥ 4,442
(2004-10-20)
俺はまだ人生を振り返る年代には至っていない。それほどの経験をつんだわけではない。だからこの映画の本質的な部分に共感することができるわけではないのだと思う。しかし二人の間に交わされるクールな会話の一つ一つを味わうことくらいはできる。それだけでも十分見るに値する映画。彼らの用に幼いころから積み重なっている「憧れ」は誰しもが持っているはずだ。ただ、現実の人生はその「憧れ」から果てしなく遠ざかってしまうものである。そして人生は一度しか生きることができない。年を取るということはそれだけ取り返しのつかないことが増えていくことをいるのだろうか。日々可能性を増やすような年の取り方をしたいものである。
photo by lifeis

sunset

sunset

太陽が沈むのをぼんやり見ているような時間の使い方をしたい。
一日の終わりに一息ついて、明日に向かう決意を新たにできるような時間がほしい。

photo by lifeis

就職活動のまとめ

【内定を頂いた会社】
アサツーDK
旭硝子
旭化成
三井不動産レジデンシャル
東芝
リクルート
住友商事
NTTデータ
NTTドコモ
NTTコミュニケーションズ
日本生命

【選考途中でやむなく辞退した会社】
双日
三井不動産
デンソー
トヨタ
新日鉄
富士フィルム
サントリー
北海道銀行

【落ちた会社】
JAL(自社養成パイロット) *役員面接
三井物産         *最終面接
伊藤忠商事        *2次面接

札幌⇔東京間       14往復(うち5回くらい日帰り)
札幌⇔大阪間       1往復


備忘録的に・・・



photo by lifeis

誰かへ向けて

インターネットは不思議だ。

ずっと放置していたこのブログ。

一度パソコンのハードが飛んで、エクスプローラーの『お気に入り』も
全部消えてしまって、それから放置していた。

就職活動も忙しくて、忘れてた。

このブログを書く、書かないで
別に俺の生活にはなんら変化もなく
まぁったく重要でもなんでもない。そんな存在だったのだと思う。

でも今日久しぶりにチェックして
日々誰かがアクセスしているという事実を知りました。
同じ人なのか、検索で引っかかった違う人なのか、分からないけど。

誰かがこれを見ていたという事実。

誰か分からないけど、そこがいいよね。

俺は今誰に向けて書いているか分からない。
けど、誰かは見てるんだ。(アクセス数的には)
それが心地よい。

独り言よりも、他人を意識して。
メッセージというほど、『特定の誰か』を意識するわけじゃない。

うむ。ここちよい。

ミクシーなんかは心地よくないね。

ということで、たまたま見ている

『誰かへ向けて』





photo by lifeis

しゅうかつ

今日は一日家にいた。

1月には行って大学では企業説明会というのが行われていて、クラーク会館に300社ぐらいの企業がきて採用の説明を行っているんだけど、今日はなんかめんどくさくて行かなかった。

もちろんあまり興味の無い会社でも、出席することで何らかの得る事はある。業界の知識とかね。俺は、当然幅広い業種に関心があるわけで、沢山見れる機会は学生の今しかないし積極的にアクションを起こすべきだと思う。

だから時間があるときは極力参加することにしてたんだけど、今日はめんどくさくて行かなかった。朝起きて、スーツばかりに袖を通すのも若干気がめいっていたので、リフレッシュ的にだらけようとおもって戦略的怠慢(謎)を決め込んだ。

ま、俺は会社の雰囲気って言うのは『人となり』に現れると思っていて、説明されるより先に会社からやってきた『人』のことばかり観察してます。
人はやはりある程度組織に染まっていくし、染まらないにしろ企業に所属している以上はその集団の規範にそって行動することが求められていると思う(個人の内面世界ではどうかしらんが、すくなくとも対外的には)。

人となりって、表情とか身振り手振り、話し方や服装とかに現れると思うんです。
話したりしたらもっと伝わってくる。結局、人間って他人が心の奥底で何を考えているかなんて分からないわけですから。どうにかして外見で判断できないものかと試行錯誤。当たるかどうかってのはともかく、無意識のうちにどうにかして判断しようとする。
だから、見た目ってとても大切。

さて、今日家で何をしていたのかというと。
『茂木健一郎 クオリア日記』にアップされてた彼の東大駒場講義を聴いてました。
難しくてよく分からないけど、このアカデミックな感じ、好きだ。

タレント教授の講義を部屋の片付けをしながらネットで聴くって不思議な気分だったな。
しかも気になった言葉があったらその場で検索すればいいんだから。
ちゃっかりgoogleのお世話になっているわけですが。

でも、これって生産性抜群です。
大学の授業とか、あまり出席して無いと、使われてる用語とかさっぱり分からなくなるじゃないですか。「この言葉の意味を知りたい!」と思っても、授業が終わると結局めんどくさくなって調べたりしない。でも出席はとるから一応授業には出る、の繰り返し。

授業中に分からない言葉を即座に調べることが出来ればいいのに。
疑問が即座に解決する。ネットでそれに近いことが出来ているようような。

教室のすべての席にネット接続出来る端末があればよいというワガママなお話。

photo by lifeis

世界はgoogleに喰われるのか?

「増殖する地球上の情報をすべて整理しつくす」
googleが世界政府の役割を果たそうとしているらしい。

マスメディアから情報を「与えられる」時代が終わり、
あらゆる情報が「溢れる」時代になった。

「溢れる」情報の中から必要なものを見つけ出していかなければならない時代。

全部の情報にあたってるほど暇じゃないし、効率よく情報を知るためにはなんらかの形で情報に優先順位をつけなければいけない。どうでもいい情報は見たくないと誰もが思う。

情報民主主義という言葉が一番しっくりくる。

世論というものがマスメディアに煽られてカタチ作れる時代は終焉を向かえ、情報の本元を握っていたマスメディアの権威は、砂に水が吸い込むようにゆっくりとだが確実に崩れるだろう。

なぜなら、ネットを使えば誰でも情報を発信することが出来るからだ。

マスメディアの筆頭であるテレビは免許事業で国の許可を得なければ放送ができないし、その電波を通じて意見を言えるのはごく一部の人にしか過ぎない。

政治家や大企業の経営者、時給100万くらいで講演の仕事をしてるくせに妙に市民顔したワイドショーのコメンテーターやズラの司会者。彼らに誘導されて世論は作られている。そもそもしょうがない、だって彼らしか表現力を持っていないから。

確かに日本は言論の自由というのが憲法で認められていて、誰でも思ったことを自由に発言する事ができる。けど、今問題にしているのは発言できるかどうかではなくて、それを沢山の人に知ってもらえるかどうかってとこ。メディアを通じて。

インターネットではそれが出来る。誰もが表現者になることができる。良い情報や悪い情報も含め、誰もが情報を発信するツールを持つことが出来る。

ブログが普及して、たしかに些細などうしようもない情報も圧倒的に増えたけど、誰もが表現するツールをもてたということが画期的。グーテンベルクの活版印刷は紙媒体での革命を起こしたけど、今回の革命は「誰でも表現者になれる」という点でスケールが段違いだと思う。

そして誰もが情報を発信する総表現者社会では、放たれる情報の数が圧倒的に多い。それら全てに優先順位をつける作業を個人がすることは到底出来ない。その作業を何処か(誰か)にゆだねなければ成らない。

そこで、「検索」という手段で我々に代わって情報の整理をするというgoogle。

検索かけても最初の3ページくらいしか見ないでしょう?
私たちは無意識のうちにgoogleのバイアスがかかった情報を得ている。
googleが優先順位をつけた情報を。
表現者も多くの人に知ってもらうために、いかに検索の優先順位を上げてもらうかに関心が移ってしまう。

googleバイアス。
世論を作るのはマスメディアではなくgoogleへ。

情報民主主義の時代。

便利だからこそ恐ろしい。

photo by lifeis

現実に目を向けて『ホテル・ルワンダ』大切な事は何だろう

CAST
ポール・ルセサバギナ…ドン・チードル
タチアナ・ルセサバギナ…ソフィー・オコネドー
ジャック・ダグリッシュ…ホアキン・フェニックス
オリバー大佐…ニック・ノルティ

STAFF

音楽:アンドレア・グエラ、ルパート・グレグソン=ウィリアムズ
ライン・プロデューサー:サリー・フレンチ
共同製作:ブリジット・ピックリング、ルイジ・ムジーニ
共同制作総指揮:ケア・ピアソン、ニコラ・メイエール、イジドール・コドロン
脚本:ケア・ピアソン、テリー・ジョージ
監督:テリー・ジョージ

この映画を初めて知ったのは、
スガイの向かいにある映画館のポスターを見たときだった。
雨の中、抱き合う二人のポスターを。

『ホテル・ルワンダ』

しりとりみたいなタイトルだな!?

でも
不思議と力強さを感じたのを覚えてる。
見よう見ようと思っていて、ようやく見れました。
だってGEOにレンタル用1本しかないから。

愛する家族を守りたいという想いをきっかけに、1200人もの命を救った一人の男の実話を映画化した感動のヒューマン・ドラマ。
1994年、長年続いていた内戦が終結し、ようやく平和が訪れようとしていたルワンダ。しかしある夜、大統領が何者かによって暗殺され、大統領派は対立勢力による犯行として、ついにフツ族はツチ族の大虐殺を開始。そんな中、ルワンダの高級ホテル支配人を務めるフツ族のポール(ドン・チードル)は、妻タチアナ(ソフィー・オコネドー)がツチ族であることから家族だけでも護ろうとしていたが、彼を頼って集まってきた難民たちを見ているうちに、彼の心の中で何かが変わり、独り虐殺者たちと対峙することに…。


100日で100万人が虐殺される現実。
同じ地球の上なのに
そんなことが繰り広げられている地域があることをまず知るべきです。

ポールはこう言います。

「俺がホテルでサービスするのは、いざという時に家族を守るためだ」
「彼らは隣人だ。俺にはどうすることも出来ない。大切なのは家族だ」

日本は素晴らしく平和です。
自分を含め若者たちは働くことに関しても
「何のために働くの?」とか「自己実現をしたい」とか「自分を成長させたい」
とか色々な事を考えちゃってモラトリアムにおちいりますが

そんな悩みを持てる事は、今この平和な環境があるからなんですね。
平和ボケが悪いことだとは思いません。
むしろ、感謝すべきでしょう。

ただ、その平和がいつまで続くのか?

ある日、突然失われるかもしれない。
今すぐそんな事は無いでしょう。

10年や20年は大丈夫でも
40年後は分からないですよね。

いつか、もしもそんなときが来ても(こない事を切に願うが)
自分の家族や大切な人を守ることができる人になりたい。
この映画を見て、心底そう思った。

そのためには、きれい事だけじゃない強さも必要でしょう。
お金や権力とか、色々なものがないと無理でしょう。
犠牲にしなきゃいけないことも沢山あるでしょう。

平和だからこそ、そのような状態になったときにどうするか。
しっかり考えていかなければと思う。

大切な人を守れる人になりたいな。

そして
俺が何よりも「ホテル・ルワンダ」を気に入った理由があります。
サントラがものすごく良いのです。
アフリカン・ミュージックが心地よく、エンディング・ソングが最高です。
Wyclef Jeanによる「Million Voices」

映画を見たら是非エンディングまで聴いてみてください。







photo by lifeis

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Recommend
>> Mobile
qrcode
>> Links
1 / 3 >>

このページの先頭へ